オンライン動画講義


いつでも何度でも好きな時に視聴可能!

 

一般:70,000円(税込:77,000円)

学生:45,000円(税込:49,500円)

 

申込フォーム

ライブ講義


●個人向け講義

E資格取得に向けて短期間で効率的な講義をご提供

個人の方はこちら
●法人向け講義

E資格取得だけでなく実務で活かせるような組織支援もご提供

法人の方はこちら

E資格とは

AIエンジニア育成講座 E資格とは

E資格とは、ディープラーニングの理論を理解し、適切な手法を選択して実装する能力や知識を有しているかを、JDLA(日本ディープラーニング協会)が認定する資格です。受験資格はJDLA認定プログラムを試験日の過去2年以内に修了していることです。JDLAでは、ディープラーニングの理論を理解し、適切な手法を選択して実装する能力を持つ人材を育成する講座を、JDLA認定プログラムとして認定推奨しています。認定プログラムの受講を修了すると、E資格の受験が可能になります。E資格試験の出題範囲は、応用数学、機械学習、深層学習、開発・運用環境となっています。



選べる2つの講義形態

AIエンジニア育成講座 オンライン動画講義
オンライン動画講義

録画動画をいつでも視聴可能


期間:申し込み日~E資格試験日(2022年2月19日)

受講形態:オンライン(録画動画)

一般:70,000円(税込 77,000円)/人
  学生:45,000円(税込:49,500円)/人

申し込み後、オンライン専用サイトへ招待します。

AIエンジニア育成講座 ライブ講義
ライブ講義

決められた日程の講義に参加


期間:全8回

受講形態:ハンズオンまたはオンライン

受講料金:149,500円(税込 164,450円)/人
10名以上の場合、10名以降の受講料は50%オフ!

日程:2022#1 E資格(2/18,19)向け

●法人
 企業様のご予定にあわせ、日程調整致します。

●個人
第1回 8/21(土) 10:00-13:00
第2回 8/28(土) 10:00-13:00
第3回 9/4(土)  10:00-13:00
第4回 9/11(土) 10:00-13:00
第5回 9/18(土) 10:00-13:00
第6回 9/25(土) 10:00-13:00
第7回 10/2(土) 10:00-13:00
第8回 10/9(土) 10:00-13:00

オンライン動画講義 専用サイトのご紹介

 

E資格 オンライン講座1

ログイン画面

お申込み後に、ご利用可能となります。専用サイトにログイン頂くことで、動画の閲覧が可能です。

E資格 オンライン講座2

講義動画一覧

全8回の講義動画が閲覧できます。その他、演習課題、修了課題、修了試験の受講が可能です。

E資格 オンライン講座3

講義画面

いつでも、どこでも何度でも視聴可能です。倍速再生が可能ですので、効率的な学習が可能です。




全体の流れ(E資格講座)


1.講義・演習

数学、機械学習、深層学習に関して、ハンズオン、又はオンラインの講義を通じて、 E資格取得のための知識とスキルをつけて頂きます。また、講座でお伝えした内容の演習問題や、Pythonを用いたコード演習を行って頂きます。

2.確認問題

講義でお伝えした内容の復習・確認演習を行って頂きます。

3.修了課題、修了試験

修了課題として3つのモデル開発を実施して頂きます。修了課題は基準の精度を上回った時点で合格となります。また、数学、機械学習、深層学習の知識定着を確認する修了試験を受講頂きます。修了課題、修了試験を修了頂いた方に当AIエンジニア育成講座の修了認定を行います。※修了試験は何回でも受験可能です。

4.E資格試験

当AIエンジニア育成講座を修了した方のみE資格を受験頂けます。身につけた知識でぜひ合格を勝ち取ってください。(E資格受験は任意です。)

AIエンジニア育成講座 E資格講座フロー
AIエンジニア育成講座 E資格講座フロー


講義構成

全1,000ページ以上(各回平均150ページ程度)の詳細な講義資料を使い、AIの仕組みをわかりやすく解説し、E資格に出題される要点をお伝えします。

日程テーマ内容
第1回機械学習(ML)機械学習基礎、単回帰と重回帰、k近傍法、SVM、決定木、教師なし学習と次元削減、特徴量エンジニアリング、アンサンブル学習
第2回応用数学数学(行列・微分・固有値・特異値)、情報理論、統計学・ベイズ統計
第3回深層学習(DL) ディープラーニングの概要と仕組み
第4回深層学習(DL) ディープラーニングの実装と改良
第5回深層学習(DL)画像認識とCNN、CNNのネットワーク(VGG、GoogleNet、ResNet等)
第6回深層学習(DL)物体検出とセグメンテーション、開発・運用環境技術
第7回深層学習(DL)自然言語処理とRNN、LSTM、自然言語処理のネットワーク(Transformer等)
第8回深層学習(DL)生成モデル、強化学習

※講義3時間(2時間半講義、30分質疑応答・質問等)/回(全8回)+演習・確認テスト
 AIジェネラリスト講座、プログラミング(Python)講座、数学・統計学講座、実務向け実践講座は別途オプション(有料)で受講可能。

講義の特徴

1.東京大学松尾研究室 主催研究会
  (DeepLearning.jp)所属の講師!


2.AI関連講座200回以上の講義実績!


3.社内AIチーム立ち上げ実績多数!

データサイエンス事業部立ち上げ、データ分析基盤整備、AI技術を採用したWeb、アプリサービスリリースの支援

AIエンジニア育成講座 特徴

最先端のAI技術をわかりやすく丁寧に伝え、AIエンジニアとして成長をお約束します!



他社講義との違い

他社講義との違い1

未経験者を
全力サポート

多くのE資格講座は、エンジニアやプログラマーもしくは数学が得意な理系人材のための講座です。そのため、G検定取得済みですが、E資格を諦めている方は多いと思います。弊社は未経験者にもわかりやすい基礎講座から用意しています。

他社講義との違い2

ビジネス、AI開発
両面に強い人材を育成

多くのE資格講座は、エンジニア向けの講座です。AI開発スキルはついてもビジネス課題を解決できるかはわかりません。G検定E資格を取得している、MBAホルダーのAIエンジニアが、ビジネスの課題解決を行えるAI人材を育成します。

他社講義との違い3

E資格取得以降も
開発サポート

多くのE資格講座は、E資格取得が目的です。取得後の開発支援はほとんど行っていません。弊社は希望する方々には 相談にとどまらず、全力で開発支援を行います。社内AIチームの立ち上げ支援も行っています。

E資格合格に向けた効率的な学習ができる演習・課題

AIエンジニア育成講座 演習・課題1

各講義毎に重要用語の
確認問題

各講義毎に特に重要な内容を10問にまとめた確認問題を配布しています。ここで取り上げた内容は特に重要です。最優先で覚えて頂くことで、短期間で効率的な学習を促進させます。

AIエンジニア育成講座 演習・課題2

講義内のコード演習と
コード修了課題

各講義のコード演習にてコード実装の知識を付けて頂きます。また、Titanicデータ、MNIST、仮想通貨データを使った分類・回帰モデルのコード修了課題を実施頂きます。

AIエンジニア育成講座 演習・課題3

E資格2回分の
演習問題

E資格約2回分(120×2)の修了試験に取り組んで頂きます。重要な問題を取り揃えています。この修了試験を乗り越えれば、E資格合格は目前です。

基礎講座

以下の講座をオプションで受講頂くことが可能です。

AIジェネラリスト
育成講座
 

AIジェネラリスト育成講座

講義時間:4時間

受講料金:19,800円
(税込 21,780円)/人

次回開催:11月開催予定

詳細 >

プログラミング
(Python)基礎講座
 

プログラミング(Python)基礎講座

講義時間:4時間

受講料金:24,800円
(税込 27,280円)/人

次回開催:11月開催予定

詳細 >

数学・統計学講座
 
 

数学・統計学講座

講義時間:4時間

受講料金:24,800円
(税込 27,280円)/人

次回開催:11月開催予定

詳細 >

G検定対策講座
 

  G検定対策講座

講義時間:8時間

受講料金:39,600円
(税込 43,560円)/人

次回開催:11月開催予定

詳細 >

合格体験記

当講座を受講頂いた方々の合格体験記を掲載しています。


他社講義との違い1
 
E資格 2021#1 合格体験記
詳細を見る
他社講義との違い2
G検定 2020#3 合格体験記
詳細を見る


お申込み・お問い合わせ

    講座名 必須
    受講形態 必須
    オプション講座
    (最小3名以上)
    AIジェネラリスト育成講座       19,800円(税込 21,780円)/人プログラミング(Python)基礎講座  24,800円(税込 27,280円)/人数学・統計学講座          24,800円(税込 27,280円)/人G検定対策講座            39,600円(税込 43,560円)/人実務向け実践講座          ※講座別見積もり
    受講予定人数
    所属先(会社名・学校名) 必須
    お名前 必須
    メールアドレス 必須
    ※メールアドレスは、会員管理及びオンデマンドサイトのログインに利用するIDとなります。
    電話番号
    備考